自動車の車種に対して年代毎に思い入れがあるハズです。

自動車の数は非常に膨大で、国産車だけでも数えられないほどの車種が存在するのです。
昔はCが頭文字に付くのが良いとか、Sのモノが良いとか結構言われましたが、最近はあまり特別のこだわりはないと思えるほど、数多くの車名と車種が登場しています。
その年代毎に車名に対してそれぞれ思い出があるはあズです。
昭和50年代頃には一家に一台の車社会がやってきました。
昭和30年代生まれより前の世代にとって、車はあこがれの存在でした。
このまま車文化は続くのかと思われましたが、平成も10年を過ぎるころには若者の車離れが社会的現象のように大きくなったのです。
生まれた時から車のある生活を送っていた今の若者にとっては、車はそれほど所有するだけの価値を持たないモノになったと言えるでしょう。

それどころか、免許すら取りに行かない若者が多いのですから、驚くような時代になったと言えます。
そのため、大手自動車会社が免許を取りに行こうというようなキャンペーンを行うほどです。
そんな事は昭和世代には考えられなかったと言えます。
新しい車がでれば必然的にある程度の数は売れたのですから。それが売れないどころか免許まで取りに行かない社会になるなんて、本当に世の中は変わってしまったと思います。
車がある生活ほど便利な社会は無いと言えるのに、何故これほど若者が車からはなっれてうぃまったのでしょうか?本当に不思議で仕方ありません。僕などが若い頃には、若者の話は必ず車と女性と決まっていたほどです。
それが今では女性の話はあっても、全く車の話は出てこない時代となっています。

おすすめ

Copyright 2017 自動車購入に必須!車種の基礎知識 All Rights Reserved.