自動車の車種を把握するコツ

用途、型、年式、などによる分類で自動車を区分けしたものを車種といいます。
分かりやすく言い換えると、車の構造と大きさによって分類したもののことです。
普通乗用車や小型貨物車というように区分けしています。
保険に加入するときに、どの分類に属するのかがポイントになってきますので、マイカーが、どれに所属しているのかを正確に把握しておくと、保険に関する相談にも加入手続きにも役立ちます。
保険や税金に関連して、質問されることも多いので、正確に把握しておきましょう。

親が所有しているマイカーを借りて運転している、運転免許証を取得済みの子供の中には、社会人になってから、いざ自分用に自動車を購入しようとしたときに、販売店、保険会社、さらには市町村役所や税務署などの受付で、車種に関する質問をされたときに、戸惑ってしまうことがあるかもしれません。車名は知っていても、その分類ともなると、知っているようで意外と知らなかったりするものです。
あるいは、知っているはずなのだけれども、本当に正しい知識なのかどうか自信を持てないあまり、どうにかして確認したくなるというわけです。

運転免許証を取得してからでも、車種に関して、ふと曖昧に感じてしまうことがあります。
車の構造と大きさと言っても、寸法としてのサイズと、車体の重量、積載可能重量など、さまざまな目安があるのです。

しかし保険会社の示している基準を把握しておくと、さまざまな場面で応用できるので便利です。
保険会社が定めている自動車の分類法を理解しておけば、保険契約だけでなく、自動車税の税額をはあするときにも役立ちます。

おすすめ

Copyright 2017 自動車購入に必須!車種の基礎知識 All Rights Reserved.