海外でも人気の高い車種といえば日本の自動車

日本でも高度経済成長の頃、自動車に乗る人口が急速に増えました。
今では、農村地帯など公共の交通機関があまり普及していない地域では、一家に一台と言わず、一人一台というくらい自動車が普及しています。
同様に、海外でも急速な発展を遂げている国において、自動車の普及率が高くなってきています。
私が、暮らした国でもそのような変化が見られました。
もちろんその時点では、マイカーを持つことが出来るのは、上層階級の人々なので、見る車と言えば外車がほとんどでした。
その中でも半分以上が日本の車種なのには大変驚きました。

その理由はその国で暮らして実感しました。
日本製のものは品質が良く、壊れにくいのです。
そのことを知っている人は少し高くても好んで日本製のものを購入します。
実際その時の大家さんの家の電化製品のほとんどが日本製だったことには大変驚きました。
その大家さんが日本人の私が住むことを喜んでくださったのは言うまでもありません。このように、日本の製品の品質の良さを知っている人はやはり、自動車を購入する際にも、安心と安全と信頼を買ってきた日本の車種を好んで選ぶようです。
もちろん、日本の車種でも時には欠陥が見つかることもありますし、実際これまでにもそうしたことはありました。
それでも、そのような際に生産者が公表して、製品を無料で修理、交換するなどの誠実な方法で対応してきたことは、高い信頼性を勝ち取ってきた理由の一つといえるでしょう。

おすすめ

Copyright 2017 自動車購入に必須!車種の基礎知識 All Rights Reserved.